資料請求
WEB説明会開催中お問い合わせ

思い当たること、
ありませんか?

SunLOGIとは

サンロジは受注管理、在庫管理、入庫、出荷業務を自動化するシステムです。 荷主様はサンロジを導入された物流倉庫を利用することで、物流業務の自動化が実現されます。
物流倉庫とEC店舗運営者の使いやすさに注力し、両方の立場に立った改善を繰り返し作られた物流管理システムです。 両者の業務の効率化をすることで、EC運営者は売上UPに対する業務に時間を使え、物流倉庫はサービスの質を改善、業務効率向上による経費削減、配送ミスが少なくなることでの、お客様の継続利用率を上げます。

               
SunLOGIの仕組み
sunLOGIの仕組み sunLOGIの仕組み
データの流れ
データの流れ データの流れ

SunLOGIの特徴

業務効率アップ複数の荷主を一元管理

受注~出荷までをアウトソース(外注)することで「自動出荷」を実現!

複数のモールやカートシステムとAPI連携(サーバー間の連携)を実現しており、リアルタイムに受注情報を物流倉庫に送ります。
受注~出荷にかかる時間を短縮でき、売上を上げるために時間を使えます。

               作業ミスの削減、作業の標準化によりミスを減らし、作業効率もアップ

物流のプロが商品を管理、
ミスのない発送、
面倒な棚卸なども代行!

商品の保管場所を用意することなく、メーカーから倉庫へ直送。月間数万~数十万件の発送を行う物流のプロが発送ミスを大幅に減らします。サンロジでの在庫管理と実在庫の棚卸など面倒な作業を代行。

物流をアウトソースしてコストダウン

商品を保管する場所の確保や梱包及び出荷作業する人員、配送料金(運賃)に至るまで、出荷業務には見えないコストが多く含まれています。それらをアウトソースし、コストダウンをすることができます。

誰でも簡単に使える
シンプルな画面で使いやすい

ユーザー視点に立った、シンプルで利用しやすいシステム画面。
従来の面倒な操作がなくなり、「業務で利用する機能だけを使いやすいボタン配置」でシンプルに提供し、業務の属人化を解消します。

クラウドシステム
随時バージョンアップでさらに使いやすく

大規模開発実績を大量にもつ、システム会社が開発した物流システムで、常に最新のAI技術アップデートが可能です。
常に最新の機能やAI技術によりアップデートが行われます。(マクロ機能・カメラ検品など)
長年のWEBシステム運用・保守ノウハウを生かし、高品質な運用サービスにより、システム全体の安定性・可用性を重視し、お客様の業務負担を大幅に軽減します。
お客様(倉庫・店舗)の要望により機能改善、追加を随時行っていきます。

その他の特徴
作業量が一目瞭然 作業量が一目瞭然
リアルタイムで在庫状況を把握 リアルタイムで在庫状況を把握
複数スタッフが同時に処理 複数スタッフが同時に処理
Excel管理からの脱却 Excel管理からの脱却
物流品質の向上 物流品質の向上
WMSを始める方に最適 WMSを始める方に最適

対応モール・カート

SunLOGIの対応モール・カート一覧です。
楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazonといったビッグモールをはじめ、多数のモール・カートと連携しています。
未対応のモール・カートの受注もCSVでカスタム取り込みができます。

詳しくはこちら

決済・送り状発行等のシステムとも連携可能。

送り状発行システム

決済・POS連携・その他

倉庫マッチングサービス

SunLOGIを導入していただいている物流倉庫様は複数あり、
EC店舗(荷主)様のご要望に合わせたマッチングが可能です!
食品に強い倉庫、衣料品に強い倉庫など、倉庫により特徴があり、料金も様々です。

業界最安値で利用できるSunLOGIを導入している物流倉庫様から
最適なプランをご提案いただけます!

マッチングの費用は一切頂きません。

今すぐ委託倉庫を探す

導入フロー

業務ヒアリング

お客様のニーズをヒアリングいたします。

提案・案内

ニーズに合わせたシステムの提案をいたします。

テスト導入

担当者がサポートを行い、システム導入。設定をしていただきます。

検証

実際のシステムを使ったテスト運用で出荷検証していただきます。

本番運用

問題がなければ、実際に出荷を開始します。

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください。

メディア掲載

経営革新計画認証取得

令和4年7月27日づけで経営革新計画に係る承認をSunLOGIにて取得いたしました。
「経営革新計画」とは中小企業等経営強化法で規定されている、新しい事業活動を通じて経営指標を向上させる計画を中小企業がつくり、国や都道府県がその計画を承認するものです。合格率が1割ほどと、かなり高い壁がある制度ですが、この度代表・社員一同の努力により承認を得ることが出来ました。
今後とも社員一同、社会の未来のために革新的な経営・努力を行っていきます。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

お知らせ

詳しくはこちら