初期費用無料キャンペーン
       

期間限定2024年3月31日まで
先着順で上限に達し次第終了します!

お問い合わせ

導入実績100店舗突破 !

年間出荷実績100万件 !

業界最安値

質問アイコンこんなお困りごとはないですか?

商品登録数に
限りがある

複数スタッフで
同時に作業したい

Excelの操作が多くて、
忙しい時ミスが多発

特定の人しかできない
作業が多く引継ぎしづ
らい

......

ルーチン作業に工数が
多くかかり残業が発生
しやすく効率が悪い

......

長期的にみると現在
使用中のシステムが
ちょっと高い

......

今使っているWMS
画面操作が理解しづ
らく
ストレスを感じる

男性と女性が倉庫管理に関する質問に悩んでいるイラスト

今のシステムが古くて、
荷主に対応できなくな
ってきている

男性と女性が倉庫管理に関する質問に悩んでいるイラスト

SunLOGI EC WMSとは

     

SunLOGI物流倉庫システムなら解決!
ECショップの出荷作業を完全自動化する
WMS倉庫管理システム。

サンロジを導入している物流倉庫に出荷作業を委託すれば、受注~発送~発送完了メールまで、自動で処理されます。ショップは出荷を気にすることなく、自店舗の売上を上げることに注力出来るので、店舗も活性化され売上UPが見込まれます。

SunLOGI(サンロジ)倉庫管理システムの仕組みウェブページイメージ

SunLOGI EC WMSの仕組み

SunLOGI(サンロジ)物流倉庫システムを通して、EC店舗から購入者までの流れ図 SunLOGI(サンロジ)物流倉庫システムを通して、EC店舗から購入者までの流れ図

SunLOGI EC WMSデータの流れ

SunLOGI(サンロジ)倉庫管理システムの仕組みウェブページイメージ SunLOGI(サンロジ)倉庫管理システムの仕組みウェブページイメージ

SunLOGI EC WMSの強み

サンロジ物流倉庫システの強み1はオムニソーター(Omni Sorter)

オムニソーター(Omni Sorter)

圧倒的に省スペースな立体型ソーター。高速自動仕分けが可能で、作業者は商品を投入するだけで仕分け生産性が3倍以上に向上する。

  • 高速自動仕分け
  • 立体型で圧倒的な省スペース
  • 本体のブロック化により導入・移設が簡単
サンロジ物流倉庫システの強み2AIロボットの販売代理店(今後AGVの対応を開発中)

AIロボットの販売代理店
(今後AGVの対応を開発中)

  • バリア衝突防止の二重保護
  • AI(人工知能)充電
  • CE認証、UN38.3認証
  • IP67防塵。防水設計基準
  • 2秒で起動
  • リチウム電池
サンロジ物流倉庫システの強み3「IT導入補助金」対象商品

「IT導入補助金」対象商品

サンロジを導入検討される皆さまをご支援するため
本年度もIT導入補助金対象ツールとしての登録を行いました。
IT導入補助金は中小企業の皆さまが活用できる補助金制度です。
売上アップ・業務効率化を目的としたITツール(ソフトウェア・サービス等)導入費用の一部が補助されます。
ぜひこの機会にご検討くださいませ。

SunLOGI EC WMSの特徴

       SunLOGI(サンロジ)倉庫管理システムの特徴1は受注~出荷までをアウトソース(外注)することで「自動出荷」を実現できた
         

サンロジ物流倉庫システムは業務効率をアップするために複数の荷主を一元管理

サンロジ物流倉庫システムは複数ロケーションでロケーション毎に細やかな管理設定が可能なため、
在庫管理の運用ルールの徹底が可能となり、 業務効率と物流品質が改善されます。

SunLOGI(サンロジ)倉庫管理システムの特徴2は物流のプロが商品を管理、ミスのない発送、面倒な棚卸なども代行!

作業ミスの削減
作業の標準化によりミスを減らし、
作業効率もアップ

受注から出荷までの基本的な作業を標準化することが可能!
従来の面倒な作業がなくなり、作業ミスが大幅に回避できます。

SunLOGI(サンロジ)倉庫管理システムの特徴3は物流をアウトソースしてコストダウン

コストダウン
倉庫・荷主の負担を軽減

業務効率アップによる人件費のコストダウン
業界最安値のサンロジ導入によるコストダウン

SunLOGI(サンロジ)倉庫管理システムの特徴5は誰でも簡単に使えるシンプルな画面で使いやすい
         

サンロジ物流倉庫システムなら、
シンプルな画面で誰でも簡単に使える

ユーザー視点に立った、シンプルで利用しやすいシステム画面。
従来の面倒な操作がなくなり、「業務で利用する機能だけを使いやすいボタン配置」でシンプルに提供し、業務の属人化を解消します。

SunLOGI(サンロジ)倉庫管理システムの特徴6はクラウドシステム随時バージョンアップでさらに使いやすく

クラウドシステム
随時バージョンアップでさらに使いやすく

大規模開発実績を大量にもつ、システム会社が開発した物流システムで、常に最新のAI技術アップデートが可能です。
常に最新の機能やAI技術によりアップデートが行われます。(マクロ機能・カメラ検品など)
長年のWEBシステム運用・保守ノウハウを生かし、高品質な運用サービスにより、システム全体の安定性・可用性を重視し、お客様の業務負担を大幅に軽減します。
お客様(倉庫・店舗)の要望により機能改善、追加を随時行っていきます。

その他の特徴

SunLOGI-EC WMS その他の特徴1は作業量が一目瞭然

作業量が一目瞭然

SunLOGI-EC WMS その他の特徴2はリアルタイムで在庫状況を把握

リアルタイムで在庫状況を把握

SunLOGI-EC WMS その他の特徴3は複数スタッフが同時に処理できる

複数スタッフが同時に処理

SunLOGI-EC WMS その他の特徴4はExcel管理からの脱却ができる

Excel管理からの脱却

SunLOGI-EC WMS その他の特徴5は物流品質の向上

物流品質の向上

SunLOGI-EC WMS その他の特徴6はWMSを始める方に最適

WMSを始める方に最適

EC特化対応モール・カート

SunLOGI(サンロジ)WMSの対応モール・カート一覧

SunLOGI EC WMSの対応モール・カート一覧です。
SunLOGI EC WMS楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazonといったビッグモールをはじめ、多数のモール・カートと連携しています。
未対応のモール・カートの受注もCSVでカスタム取り込みができます。

SunLOGI(サンロジ)WMSの対応モール・カート一覧
詳しくはこちら

決済・送り状発行等のシステムとも連携可能。

EC WMS 送り状発行システム

  • 送り状発行システム:SunLOGI(サンロジ) EC WMSとクロネコヤマト連携している
  • 送り状発行システム:SunLOGI(サンロジ) EC WMSとSAGAWA連携している
  • 送り状発行システム:SunLOGI(サンロジ) EC WMSと日本郵便連携している
  • 送り状発行システム:SunLOGI(サンロジ) EC WMSと西濃運輸連携している
  • SunLOGI(サンロジ) EC WMSと福山通運送り状発行システム連携している

EC WMS 決済・POS連携・その他

  • 決済・POS連携・その他連携:SunLOGI(サンロジ) EC WMSとFMO後払い連携している
  • 決済・POS連携・その他連携:SunLOGI(サンロジ) EC WMSとNP後払い連携している
   

最短3営業日で導入できます!サンロジ EC WMS導入フロー

SunLOGI(サンロジ) EC WMS導入フロー1:業務ヒアリング

業務ヒアリング

サンロジEC WMSでは、お客様のニーズでヒアリングをしています。

SunLOGI(サンロジ) EC WMS導入フロー2:提案・案内

提案・案内

サンロジEC WMSでは、お客様のニーズに合わせたシステムの提案をいたします。

SunLOGI(サンロジ) EC WMS導入フロー3:テスト導入

テスト導入

担当者がサポートを行い、サンロジEC WMS導入。設定をしていただきます。

SunLOGI(サンロジ) EC WMS導入フロー4:検証

検証

サンロジEC WMSの実際のテスト運用で、出荷の検証をしていただきます。

SunLOGI(サンロジ) EC WMS導入フロー5:本番運用

本番運用

サンロジEC WMSでチェックし、問題がなければ、実際に出荷を始めます。

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください。

SunLOGI EC WMSメディアで掲載

   

サンロジ EC WMSは経営革新計画認証取得

SunLOGI(サンロジ)の倉庫管理システムは経営革新計画認証を取得

令和4年7月27日づけで経営革新計画に係る承認をSunLOGIにて取得いたしました。
「経営革新計画」とは中小企業等経営強化法で規定されている、新しい事業活動を通じて経営指標を向上させる計画を中小企業がつくり、国や都道府県がその計画を承認するものです。合格率が1割ほどと、かなり高い壁がある制度ですが、この度代表・社員一同の努力により承認を得ることが出来ました。
今後とも社員一同、社会の未来のために革新的な経営・努力を行っていきます。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

サンロジ EC WMSお知らせ

詳しくはこちら